みんなであそぶ南軽井沢!ゴルフやアクティビティなど、南軽井沢エリアで休日をアクティブに楽しむための軽井沢観光情報サイト

軽井沢・プリンスショッピングプラザの駐車場攻略

いよいよ夏休み本番。お盆休みを迎えられたご家族も多いことと思います。

この時期に必ずいただく質問は
「軽井沢、混みますか?」

何にしても答えはやっぱりイエスです。
毎年たくさんのお客様が軽井沢エリアを訪れてくださいます。

中でも碓井軽井沢インターチェンジから軽井沢駅、
特に軽井沢駅南側の軽井沢プリンスショッピングプラザをご利用になる
駐車待ちの車は長い列をなしてしまうことが多く、
営業開始が近づくと、かなりの区間で車線をふさいでしまうこともしばしば。
その列に気づいて途中で入ろうとする車などもなかなか動きがつかなくなってしまいます。

そこで今回は「駐車場に入るだけですごく時間がかかる」と
残念な話題が聞かれる「軽井沢プリンスショッピングプラザ」について
調べてみました。

 

まず、軽井沢プリンスショッピングプラザの営業開始を目指して
碓井軽井沢インター方面からのアクセスの場合、
「ウエスト」エリアのP1方面に向かうことになりますが、
今週のような夏休み期間やGW、週末などは必ずといっていいほど行列となります。

左車線が動かない、と思ったら、そのまま鉄道の下をくぐって国道18号線を右折し、
イーストエリア方面の駐車場を目指すこともできます。

イーストエリアでの駐車であれば、東京方面からならひとつ手前の
松井田妙義インターチェンジを降りて、碓井峠を越えて
「P7」を目指すルートをショッピングプラザ側も推奨しています。
軽井沢に通い慣れた方の中でも定石と言えるでしょう。

▽P7はこちら(画像引用 : 軽井沢プリンスショッピングプラザ)
img_access_p03_150511
ちなみにP2からP6までは駐車場同士の行き来が出来ますが、P1とP7は独立しています。

実は駐車可能台数はイーストエリアの方が多いので、上手に場所を見つけたいですね。
館内はバスが行き来しているので、イーストエリアからウエストエリアへの移動ももちろん可能です。

この夏からは、レンタサイクルも営業しているので、
車を置いて自転車で観光を楽しんだ後に、
お買いものやお食事を楽しんでいただくこともできます。

そして軽井沢プリンスショッピングプラザの駐車場はゲート式のため24時間出入可能。
営業時間前から入場することもできます。
朝早めについて、ひとやすみしておくのもひとつの手段。

ただ、注意が必要なのは、駐車場は有料のため営業時間に限らず駐車時間に応じて課金されます。
2時間まで¥300、以後1時間ごと¥100。¥2,000以上お買いあげで3時間無料。(HPより)
ベビーカーや授乳施設など小さなお子様向けの設備も充実しているので
暑い夏のご家族連れには安心な駐車場と言えると思います。

この夏からは、レンタサイクル営業も開始しています。
詳しい情報はまたあらためて調査してみます。

---

2016年版
※さらに松井田妙義インターから碓氷峠を越えてみました。

お盆休みの軽井沢プリンスショッピングプラザに渋滞なしで入れた裏道

by
軽井沢の達人から初心者まで、軽井沢の企業のスタッフたちが、それぞれの目線で南軽井沢の魅力を紹介します。