みんなであそぶ南軽井沢!ゴルフやアクティビティなど、南軽井沢エリアで休日をアクティブに楽しむための軽井沢観光情報サイト

明日から軽井沢タリアセンイングリッシュローズ 薔薇の祭典です

先週ローズウィークがスタートした「軽井沢レイクガーデン」と並んで、南軽井沢を代表するバラの名所といえば「軽井沢タリアセン」。約200種1800株のイングリッシュローズがそろった「イングリッシュローズ・ガーデン」もバラのトップシーズンを迎えています。

明日6/17より、恒例の「イングリッシュローズ 薔薇の祭典」が開催されます。

2016rosefes_color

詳しいご案内はこちらのページで公開されています。
軽井沢タリアセン「イングリッシュローズガーデン」ページ
塩沢湖畔の唾鳩荘を使用した華道家、假屋崎省吾さんの個展は8回目の開催だそうです。
使用される建物は多くの西洋建築を手掛けたM.W. ヴォーリズ氏の設計によるもので、歴史的にも価値ある建造物。
余談ですが、このヴォーリズ氏は、ウィキペディアによれば日本にハモンドオルガンを紹介したり、「メンソレータム」を普及させた実業家だったりと多才の持ち主だったようですね。改めて軽井沢を歴史や集まる方々の功績の深さを感じます。

軽井沢タリアセンの中には、この唾鳩荘以外にもさまざまな別荘などの歴史的な建造物が移築されています。
バラの散策とあわせて、古き軽井沢スタイルに思いをしのばせてみるのもよさそうですね。

 

by
軽井沢の達人から初心者まで、軽井沢の企業のスタッフたちが、それぞれの目線で南軽井沢の魅力を紹介します。