みんなであそぶ南軽井沢!ゴルフやアクティビティなど、南軽井沢エリアで休日をアクティブに楽しむための軽井沢観光情報サイト

小腹がすいたので、ピロシキを食べてみました。~南軽井沢立ち寄りグルメ

まずまずのお天気に恵まれたお盆休みの週末。
南軽井沢周辺もたくさんのお客様でにぎわっていました。

仕事でいくつか施設をまわっていたのですが、なかなかランチの時間がとれないまま午後になってしまい、立ち寄ろうとしたツルヤさんは駐車場満車状態。お腹がすいたなーと思っていたところで、ふと思い立ちました。

そうだ、ピロシキ、ピロシキ。

軽井沢駅をご利用になった方や、旧軽井沢で目にされた方もいらっしゃるかもしれませんが、軽井沢みやげとしてジャムの有名な「沢屋」さんのもうひとつの名物は「ピロシキ」。
ご存知ない方のために簡単に説明すると、ロシア料理で、お肉などの具が入った揚げパンのようなスナックフードです。1950年代、軽井沢在住のロシア人の方が開いたロシア料理店の味を再現しているんだそうです。

当時の懐かしい写真も沢屋さんのページで見ることができます。

創業以来旧軽井沢で営んでこられた沢屋さんですが、南軽井沢エリアの国道18号バイパス沿いに直営店があります。車でアクセスしやすいところが個人的にポイント高いです。

DSC_0973

「南軽井沢」交差点から追分方面に向かうと右側にあります。
バリエーション豊かで「軽井沢ブランド」にも認定されているジャム各種(本当にいろいろあります!)の売場の横に、「こどうテラス」というカフェが併設されていて、こちらで話題のピロシキを購入できます。

DSC_0970

テラスには座って休めるテーブルと椅子も用意されているので、その場でコーヒー片手にゆっくり召し上がることもできます。ペットをお連れの方も見うけられました。

肝心なピロシキはこちら。食べかけの写真ですみません。
IMGP9637

大きめに挽かれていて歯ごたえと味わいが残るお肉と、刻んだゆで卵がたっぷり。
外側の生地はパンというよりはもっときめ細かな口あたりで、香辛料などが遠い昔のロシア料理店の風味を残しているのでしょうか。見かけよりも刺激や重さもなく、いくらでも食べられそうなやさしい味です。なんとなく時々思い出したように食べたくなるんですが、いつもうーんこれはたぶん真似できないんだろうな、と思います。
こどうテラスでは、タイミングが合えば揚げたてが食べられますよ!
時間もないし、ということですぐ食べられるものを選んだはずが、ついついテラスでくつろいでしまいました。

DSC_0971

あっ、そしてこんな気になるソフトクリーム情報も。
バイパス沿いにはツルヤさんの中のミカド珈琲さんもありますから、チョイスに悩みますね。
もちろん、カフェ オンブラージュの濃厚な軽井沢ソフトクリームもおすすめです!

 

いちばんのピークを過ぎたとはいえ、まだまだ混みあう軽井沢。
人気の軽井沢プリンスショッピングプラザのお食事どころは行列もしばしば見られます。
暑くて動くのも面倒になってしまったり、という気持ちもとってもわかります・・・が
軽井沢には一件一件個性的なお店や、工房・工場(沢屋さんも発地にジャム工場があります)もたくさんあります!

9月までの期間は、ショッピングプラザのレンタサイクルも営業中。2時間から気軽ご利用できます。
ぜひ足を延ばして自然や景色やおいしいものを探してみてはいかがでしょう 😛

by
軽井沢の達人から初心者まで、軽井沢の企業のスタッフたちが、それぞれの目線で南軽井沢の魅力を紹介します。